スペインの名門で羽ばたく清水和也は日本フットサルのスターになる

スペインの名門で羽ばたく清水和也は日本フットサルのスターになる

スペインの名門で羽ばたく清水和也は日本フットサルのスターになるの画像

エルポソ・ムルシア/清水和也インタビュー 後編
 サッカーの日本代表では18歳のMF久保建英が存在感を示し、NBAのウィザーズに入団した21歳の八村塁は、デビュー戦でアリウープを決めるなどの大活躍を見せた。若手スポーツ選手の活躍は心が躍るものだ。そして、フットサル界にも世界のトップクラブで活躍する22歳がいる。

世界最高峰のスペインリーグの超名門、エルポソ・ムルシアでプレーする清水

 スペインのフットサルリーグであるリーガ・ナシオナル・デ・フットボール・サラ(LNFS)のエルポソ・ムルシアに所属する日本代表、清水和也だ。エルポソ・ムルシアはサッカーでいえばアトレティコ・マドリードにたとえられる超名門である。
 2018−19シーズンから監督を務めるのは、2016年のフットサルW杯コロンビア大会で、アルゼンチン代表を初優勝に導いたアルゼンチン人のディエゴ・ジュストッシ監督。この点でも、ディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコに似ている。惜しくもプレーオフ決勝でバルセロナ・ラッサに敗れたものの、新指揮官の就任1年目は2位という結果でシーズンを終えた。
 この名門クラブでプレーするまでに、清水はどのような歩みをたどってきたのか。
 スペインやブラジルでは、子どもはフットサルをプレーし、徐々にピッチの広いサッカーへ転向していくことが多い。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)