勝ち上がるコツを掴んだ錦織圭。残した結果は同じも内実は大違いだ

勝ち上がるコツを掴んだ錦織圭。残した結果は同じも内実は大違いだ

勝ち上がるコツを掴んだ錦織圭。残した結果は同じも内実は大違いだの画像

「芝が嫌いというイメージは、もうまったくなくなりました」
 今年のウインブルドンが開幕する前、彼はことさら色めき立つふうもなく、さらりとそう言った。
 打ち合いのなかで相手を崩すのを得意とする錦織圭は、球足が速くラリーの続かぬ芝のコートに、苦手意識を抱いていた。かつては「芝に来ると、自然と相手が強く見える」と言う、印象的な言葉を残したこともある。

苦手だった芝のウインブルドンでベスト8進出を果たした錦織圭

「自分のなかで、確実にポイントを取れるパターンが確立していない」
 それが、1年前の開幕時点で、彼が抱いていた思いだった。
 その芝でポイントを取るコツを、錦織は昨年の戦いを通じて、いくつか掴んだ感覚があったと言う。
 ひとつは、サーブ。バウンドが低く、ボールがすべる芝のコートでは、サーブの優位性が高い。それが、錦織が芝を好まぬ理由でもあったが、昨年はそこに発想の転換があった。
「スピードも大切ですが、グラス(芝)はサーブをコーナーに入るだけで、エースにもなる」
 苦手意識の根源を、弱点を補う要素に変えてみせたのだ。
 今大会でも錦織は、「僕みたいなサーブでも、ワイドをついたりスライスで曲げたりすると、簡単にポイントを取れたりする」と、サーブでのポイントの取り方を完全に会得した様子。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)