それでもイニエスタはあきらめない。神戸、力負けで15位に転落

それでもイニエスタはあきらめない。神戸、力負けで15位に転落

それでもイニエスタはあきらめない。神戸、力負けで15位に転落の画像

ヴィッセル神戸のディフェンダー、渡部博文は先日、同僚のアンドレス・イニエスタを食事に誘ったという。その席で渡部は、バルセロナやジョゼップ・グアルディオラについて熱心に掘り下げて聞き、気になった言葉をメモに取った。当然、神戸の現状についても話した。

「まずは3連勝しよう!」

 イニエスタは明確な数字を出して語ったという。

「自分はこのチームに来て、連勝はしたけど、3連勝はない。勝ち続ける。そうやって上位を目指し、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の出場権を狙おう!」

 神戸は今季、3人目の監督が就任するなど紛糾、低迷しているが、イニエスタ本人は少しもあきらめている様子はなかった。そこで渡部は、イニエスタがバルサというトップクラブで何連勝したのか、訊いた。

「16連勝だよ。最後のシーズン(2017−18シーズン)は、1敗しかしていない」

 16連勝はリーガ・エスパニョーラの史上最多連勝記録である。負けを憎み、勝ちを誇った男の矜持だ。


湘南ベルマール戦で先制ゴールを演出したアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)

 7月14日、BMWスタジアム平塚。空は分厚い雲に覆われていたが、芝生を濡らす程度の雨しか降っていない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)