20年前のワールドユース全試合フル出場。黄金世代・酒井友之の誇り

20年前のワールドユース全試合フル出場。黄金世代・酒井友之の誇り

20年前のワールドユース全試合フル出場。黄金世代・酒井友之の誇りの画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第13回:酒井友之(2)
 1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会、グループリーグを突破した日本は、ベスト16(決勝トーナメント1回戦)でポルトガルと対戦することになった。

1999年のワールドユースで、黄金世代の日本代表は快進撃を果たした photo by Yanagawa Go

 酒井友之は、日本が決勝まで勝ち上がって行く中、この試合が「ターニングポイントになった」と言う。
「ポルトガルは本当に強かった。もう1回やったら勝てない相手だと思いましたね。相手GKが負傷退場して10人になっても、僕らが思っているほどポゼッションできなくて、逆に押し込まれた。正直、よくPK戦まで持ち込んだなっていう感じでした。でも、トーナメント1発目の苦しい試合をPK戦で勝って、自分たちの力は世界でも通用するんだ、上に行ける力があるんだということがわかり、自信を持てた。これで勢いがついたなと思いましたね」
 チームとしての大きな目標のひとつが、それまでのU−20日本代表の最高位・ベスト8の壁を突破することだった。
 一方で小野伸二のように「優勝」を目標にする選手もいた。酒井は、大会での目標をどのようにとらえていたのだろうか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)