世界2位の快挙から20年。酒井友之は「新・黄金世代」を育てたい

世界2位の快挙から20年。酒井友之は「新・黄金世代」を育てたい

世界2位の快挙から20年。酒井友之は「新・黄金世代」を育てたいの画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第13回:酒井友之(3)

 酒井友之は、1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会で全7試合にフル出場して準優勝を果たし、シドニー五輪でもレギュラーとしてプレーした。順調にキャリアを重ねていった酒井が次に目指したのが、2002年日韓W杯出場だった。


世界2位から20年。現在、酒井はジュニアユースチームの指導にあたっている

 2002年、ワールドカップイヤーの1月に約40名程度の選手が招集され、代表合宿が始まった。酒井も招集され、最後のメンバー争いを戦う気持ちになったが、実際に合宿に参加するとチームのレベルの高さに驚いたという。

「多くの選手が招集されていたし、カズさん(三浦知良)やゴンさん(中山雅史)もいて、あーすごいメンバーだなって思いました。実際、本当にみんなうまかった。自分はワールドユースもシドニー五輪も技術の高さで選ばれたわけではないので、今の自分がA代表で勝負するのはちょっとキツいなあって思っていました」

 酒井は、最終的に日韓W杯の23名のメンバーに選出されなかった。

 ナイジェリアワールドユース組からは小野伸二、稲本潤一、中田浩二、小笠原満男らが入り、また同世代では市川大祐と曽ヶ端準が選出された。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)