7割の人が復帰に残酷なNO。なのにバルサがネイマールを欲する理由

7割の人が復帰に残酷なNO。なのにバルサがネイマールを欲する理由

7割の人が復帰に残酷なNO。なのにバルサがネイマールを欲する理由の画像

「TRAIDOR」(裏切り者)

 ブラジル代表FWネイマールはスペイン語でそんな烙印を押された。

 2017年8月、ネイマールは4シーズンを過ごしたバルセロナを未練なく捨て、好条件を提示したパリ・サンジェルマン(PSG)へあっさり鞍替えしている。移籍金は2億2200万ユーロ(約280億円)だった。「リオネル・メッシがいないチームでバロンドールを」という巨大なエゴが移籍の理由だったとも言われる。ともあれ、本人が希望した選択だった。

「裏切られた」

 彼を愛していたバルサのファンにとって、その憎しみが簡単に消えるはずはない。しかし、そのネイマールがバルサ復帰に本腰を入れて交渉を続けているという。


パリ・サンジェルマン退団、バルセロナ復帰が囁かれているネイマール

 ネイマールはPSGに移籍して2年、不本意なシーズンを過ごしている。バロンドール獲得どころではない。期待されたチャンピオンズリーグ(CL)では2年連続ベスト16止まり。昨季は右足中足骨のケガなどで、シーズンをフルに戦えていない。

 その間のロシアW杯では、触(さわ)られてもいないのに大袈裟に転がって”ダイバー”の誹(そし)りを受け、完全に悪役となってしまった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)