NBAのスカウトに聞いた「八村塁が活躍するために必要なこと」

NBAのスカウトに聞いた「八村塁が活躍するために必要なこと」

NBAのスカウトに聞いた「八村塁が活躍するために必要なこと」の画像

「コートでもコート外でもプロとして、どうやってやっていくかというのを学べたんじゃないかなと思います」 

 そんな大会終了後のコメントどおり、NBAサマーリーグに初めて臨んだワシントン・ウィザーズの八村塁は、十分に手応えを掴んだようだ。

“NBAを目指す若手選手の登竜門”と呼ばれるサマーリーグの舞台で、ドラフト全体9位でウィザーズに指名されたルーキーは3戦に出場。平均31.7分をプレーし、19.3得点、7リバウンド、1.7ブロックという成績で今リーグのセカンドチーム(=オールスターチームのNo.2)に選出された。

サマーリーグで十分に存在感を示した八村

 とくに、現地時間7月6日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で14得点・5リバウンド、8日のブルックリン・ネッツ戦で19得点・7リバウンド、11日のアトランタ・ホークス戦で25得点・9リバウンドと、試合ごとに得点とリバウンドの数字をアップさせたことは大きい。

「サマーリーグはNBAに入るために(実力を)見せる選手がいっぱい来ている場所。そういう中でもちゃんと結果を出せてよかった」と語った八村の表情からは、安堵と自信が感じられた。

 もっとも、3試合の中では課題とされる部分も見えてきた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)