世界水泳の競泳は「初」と「復活」も期待。最強メンバーが揃う種目もある

世界水泳の競泳は「初」と「復活」も期待。最強メンバーが揃う種目もある

世界水泳の競泳は「初」と「復活」も期待。最強メンバーが揃う種目もあるの画像

短期集中連載:松田丈志のなるほど『世界水泳』第1回
 明日から7月28日まで8日間の日程で世界水泳、競泳競技がスタートする。ここでも何度か話して来たが、五輪前年の世界選手権はとても重要だ。

個人メドレーの種目でメダル獲得が期待される大橋悠依


 そのポイントは2つ。
 1つは、五輪前年の世界選手権からギアを上げてくる海外勢が多いことだ。海外選手の実力者の多くは、4年プランで強化を進めており、五輪前年となるこの年からギアを上げてくる選手が多い。そのため来年の勢力図を想定する上で重要な大会となる。
 2つ目のポイントは、本大会での結果が来年の目標設定に大きく影響を与える点だ。海外勢がギアを上げてくる本大会での結果は、来年の東京五輪で選手が思い描く最高到達点に影響を与える。例外もあるが、今年決勝に進めなかった選手が、「来年の東京五輪で金メダルを狙います」「メダルを狙います」とは、なかなかならないだろう。やはり、今年ある程度の結果をだすことによって、実感を持って来年の目標を具体的に抱くことができる。
 その重要性を裏付ける数字がある。2001年以降に行なわれた、オリンピック前年の世界選手権でメダルを獲得した日本選手は、翌年のオリンピックで「4人に3人」、つまり75%の確率で五輪メダリストになっている。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)