元大関・琴欧洲が相撲人気に「怖い…」。何が支えているのかわからない

元大関・琴欧洲が相撲人気に「怖い…」。何が支えているのかわからない

元大関・琴欧洲が相撲人気に「怖い…」。何が支えているのかわからないの画像

向正面から世界が見える〜
大相撲・外国人力士物語
第1回:鳴戸親方(3)

 ブルガリア出身の初めての大相撲力士として、大関まで昇りつめた琴欧洲。202cmの長身、握力120kgのイケメンは、「角界のベッカム」と呼ばれて、絶大な人気を得た。

 ただし、彼がそうなるまでには苦難の連続だった。慣れない日本の生活、予想をはるかに超える厳しい相撲界の生活に日々苦しめられていた。それでも、その環境から「抜け出したい」という一心から、彼はスピード出世を果たしていく――。

       ◆       ◆       ◆

 2004年の秋場所(9月場所)、豊ノ島、ロシア人力士の露鵬と一緒に、私はついに新入幕を決めました。

 そして、幕内2場所目となった九州場所(11月場所)、私は初日から2連敗のあと、8連勝して勝ち越し。自分でも信じられないくらいに体が動きます。

 のちに何十回も対戦することになる白鵬と、本場所で初めて相撲を取ったのもこの場所でした。13日目に白鵬、14日目に安馬(のちの横綱・日馬富士)にも勝った私は、11勝4敗で敢闘賞をいただくことができました。

 新三役(小結)に昇進したのは、2005年春場所(3月場所)です。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)