どうしたアビスパ福岡。J1昇格候補がまさかのJ3降格危機に直面

どうしたアビスパ福岡。J1昇格候補がまさかのJ3降格危機に直面

どうしたアビスパ福岡。J1昇格候補がまさかのJ3降格危機に直面の画像

2016年シーズンにはJ1で戦っていたアビスパ福岡が、わずか3年で状況が一転、J3降格の危機に立たされている。

 J2第23節、福岡はアウェーでジェフ千葉と対戦し、0−3で敗れた。前節、町田ゼルビアに2−0で勝利し、ひとまずJ3降格圏(21位以下)から脱出したのも束の間、今節の敗戦で再び21位へ転落した。


J2で21位と低迷しているアビスパ福岡

 どうにも波に乗れず、浮上のきっかけをつかめない――。この日の千葉戦は、そんな今シーズンを象徴するかのような試合だった。

 前節終了時点での順位は、福岡の19位に対し、千葉が17位。相手の千葉もまた、お世辞にも調子がいいとは言えない状態にあり、福岡がひとつずつ順位を上げていこうと思えば、アウェーとはいえ、確実に叩いておきたい相手だった。

 実際、両チームの間に、それほど力の差があったとは思えない。立ち上がりから千葉がボールを保持し、福岡が守りに回る時間が長かったのは確かだが、千葉の攻撃にそれほど怖さはなかった。言い方は悪いが、順位が示すとおりの力関係に見えた。

 もちろん、福岡に問題がなかったわけではない。今季途中からファビオ・ペッキア前監督に代わって指揮を執る、久藤清一監督が「ビルドアップのところはもっとやっていかないと」と話したように、攻撃の組み立てでは、効果的でなかったばかりか、ミスも目立った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)