視聴率50%超で大騒ぎ。ツール・ド・フランスに大統領も駆けつけた

視聴率50%超で大騒ぎ。ツール・ド・フランスに大統領も駆けつけた

視聴率50%超で大騒ぎ。ツール・ド・フランスに大統領も駆けつけたの画像

7月6日に隣国ベルギーのブリュッセルで開幕した「第106回ツール・ド・フランス」が思いもよらぬ展開で、フランスでは大騒ぎになっている。

 前年の覇者ゲラント・トーマス(イギリス)と若手期待のエガン・ベルナル(コロンビア)のダブルエースで優勝確実と思われていたチーム・イネオスが苦戦。23日間の大会は16日間を終えて、なんと地元フランスのジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が首位を独走しているのだ。


山岳ステージでデッドヒートを繰り返すトップ集団

 フランス選手が34年ぶりに総合優勝する可能性も見え、テレビは連日50%超の高視聴率。沿道に詰めかけるファンも、日増しに熱狂度が高まっている。

 23日間、総距離約3600kmにおよぶ世界最大の自転車レースは、国際規定で定められた2度目の休息日を7月22日に南仏ニームで迎え、いよいよ最後の6区間を残すのみとなった。総合優勝をかけての熾烈なバトルの模様と、レース終盤に向けての展望を現地フランスから紹介したい。

 今年は絶対的な王者が不在なことから、チーム・イネオス勢が強いことはわかってはいた。ところが、フランス勢の善戦が際立ちはじめると、地元ファンが色めき立っていった。第3ステージでアラフィリップが独走勝利したことで初めて首位に立ち、黄色いリーダージャージ「マイヨ・ジョーヌ」を獲得。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)