堀越正己が語る145点の悪夢。「ラグビーのことを話せなくなった」

堀越正己が語る145点の悪夢。「ラグビーのことを話せなくなった」

堀越正己が語る145点の悪夢。「ラグビーのことを話せなくなった」の画像

レジェンドたちのRWC回顧F 1995年大会 堀越正己(前編)
 1995年ラグビーワールドカップ(RWC)南ア大会で日本は「悪夢」を見る。日本代表はニュージーランドに17-145と大敗を喫した。失ったトライが21本。トライ経過をメモする手が悲しさで震えていたのを思い出す。

現在は立正大ラグビー部監督などを務め、ラグビーの普及にも尽力している


 あれから24年。その試合のリザーブだったスクラムハーフ(SH)堀越正己さんはもう、50歳となった。立正大ラグビー部監督として、7人制ラグビーのクラブチーム『ARUKAS KUMAGAYA』のゼネラルマネジャーとして、選手強化、育成、および地域にラグビーを広く普及する活動にあたっている。
 地元・熊谷で開かれるラグビーワールドカップ2019のPR役を担う埼玉ラグビーアンバサダーも務める。またテレビのコメンテーターとしても活躍している。
 7月某日。華やかな空気が流れるテレビ局ロビーのカフェで話を聞いた。気のせいかな、懐かしい顔がたくましく変わっていた。苦労した者ににじみ出る慈悲、心の強さが漂っている。
 ベタな質問ながら、1995年のRWCを色に例えれば、と聞けば、堀越さんは顔を曇らせ、ぼそっと答えた。
「灰色ですね。もう、本当にそうですね」
――あの大会、一番、印象に残っているのは、やはり1次リーグ第3戦のニュージーランド戦ですか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)