FC東京の小川諒也は今が旬。強気のドリブルで日本代表へ突き進め

FC東京の小川諒也は今が旬。強気のドリブルで日本代表へ突き進め

FC東京の小川諒也は今が旬。強気のドリブルで日本代表へ突き進めの画像

今季ここまで、1試合を除いてフル出場を続けている小川諒也(FC東京)

 清水エスパルスといえば、得点能力が高いセンターフォワード(CF)のドウグラスの名前がまず浮かぶ。しかし現在の清水において、それと並んで認知されているのはエウシーニョだろう。今季、川崎フロンターレから加わった、過去2年連続でベストイレブンに輝いている右サイドバック(SB)。この攻撃参加をいかに封じ込めるかは、対戦相手が研究しなければならない重要なポイントのひとつになる。

 第20節に清水と対戦したFC東京も例外ではなかった。清水の右からの攻撃を東京の左サイドがどう封じるか。エウシーニョと対峙する左サイドハーフ(SH)は、前節の川崎フロンターレ戦に先発したナ・サンホではなく、川崎戦は右SHで先発した東慶悟。ナ・サンホはベンチ外で、右SHには大森晃太カが先発した。FC東京は、その大森が前半16分に放った左足のスーパーゴールで先制した。

 前節はホームで川崎に0−3と大敗。2位横浜F・マリノスに勝ち点3差まで接近されたFC東京にとって、このゴールは値千金に値した。

 清水ペースだった試合はこれを機に一転、FC東京側に傾くことになった。よって、マン・オブ・ザ・マッチはこの大森と言っていいだろう。そして敢闘賞は、この日もよく走った永井謙佑になる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)