井上尚弥がWBSS後に「悪童」ネリと戦う可能性はあるのか

井上尚弥がWBSS後に「悪童」ネリと戦う可能性はあるのか

井上尚弥がWBSS後に「悪童」ネリと戦う可能性はあるのかの画像

最初に断っておきたいが、現時点で「井上尚弥(大橋ジム)vsルイス・ネリ(メキシコ)の話題でアメリカのファンが盛り上がり始めている」と言うのは大げさすぎる。アメリカでは、とくに軽量級への関心は依然として大きくない。井上が参戦しているワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)というトーナメントも、存在を認識しているのは一部のマニアだけだ。

これまでに獲得した5本の世界チャンピオンベルトを肩にかける井上

 ただ、それでも「井上vsネリ」がファン垂涎の一戦として語られることは、これから徐々に増えていきそうな気配がある。
 その理由として、井上がすでに全階級を通じても最高レベルの実力者として認められていることが挙げられる。WBSSのことは知らなくても、「”ナオヤ・イノウエ”の名前を聞いたことがない」というボクシングファンは少ないだろう。同時に、米有力プロモーターのひとつであるPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と契約して以降、ネリが強さを見せつけているのも大きい。
 現地時間7月20日、ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナでの試合もそうだった。マニー・パッキャオ(フィリピン)vsキース・サーマン(アメリカ)という注目カードの”アンダーカード”で行なわれた最新試合で、ネリは元王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を相手に、9回KO勝ちを飾った。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)