堀越正己が思う日本代表。「決勝トーナメントで勝つ戦術を選択した」

堀越正己が思う日本代表。「決勝トーナメントで勝つ戦術を選択した」

堀越正己が思う日本代表。「決勝トーナメントで勝つ戦術を選択した」の画像

レジェンドたちのRWC回顧G 1995年大会 堀越正己(後編)
 日本代表のスクラムハーフ(SH)として活躍した堀越正己さんは、1995年ラグビーワールドカップ(RWC)を経験し、「世界」との差を痛感させられた。リザーブに回ったニュージーランド戦では17−145と大敗。フィジカルの差が浮き彫りとなった。

ラグビー日本代表について語った堀越正己


 大会としては、アパルトヘイト(人種隔離政策)のために国際舞台から締め出されていた南アフリカが初めて母国開催のRWCに出場し、初優勝に上り詰めた。『One Team, One Country(1つのチーム、1つの国)』が大会スローガンだった。新生南アの「祝祭」みたいな大会で、いたるところで陽気なアフリカ民謡「ショショローザ」が歌われていた。
 映画『インビクタス〜負けざる者たち』(クリント・イーストウッド監督)では、モーガン・フリーマン演じるネルソン・マンデラ大統領(故人)を中心に当時の舞台裏がドラマチックに描かれている。ワールドカップの試合もうまく再現されており、南ア主将のフランソワ・ピナール役の俳優、マット・ディモンの迫真演技が当時を思い出させてくれる。
 そういえば、この大会の後、国際ラグビー評議会(IRB=現ワールドラグビー)はラグビーの「オープン化」を宣言した。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)