大船渡は佐々木朗希を育て、守った。登板回避よりも伝えられるべきこと

大船渡は佐々木朗希を育て、守った。登板回避よりも伝えられるべきこと

大船渡は佐々木朗希を育て、守った。登板回避よりも伝えられるべきことの画像

物事には表があれば裏がある。
「1億総評論家時代」と言われる今、表を見ては裏をつつき、裏を見ては表を引っ張り出そうとする。そんな光景が日常にあふれている。
 岩手大会決勝戦、大船渡が「故障を防ぐため」という理由で怪物エース・佐々木朗希を登板させなかったことは、賛否両論を巻き起こした。だが、もし佐々木が登板していたら、今度は「連投などありえない」という批判が起きていたに違いない。つまり、佐々木が投げようが投げまいが、いずれにしても大船渡は批判を浴びていたはずなのだ。

岩手大会決勝戦で登板することなく敗れた大船渡の佐々木朗希(写真左から2人目)

 ルールに違反している。指導者と選手の間で認識に乖離(かいり)がある。そんな誰の目にも明らかな問題があれば、批判されるのもやむをえない。だが、ルールにのっとり、指導者の方針に選手が納得しているなら、第三者が過度にとやかく言うべきではないだろう。
 ましてや高校野球はアマチュアスポーツである。メディアで大々的に取り上げられるからといって、チームや個人を批判してもよいという免罪符にはならない。もし納得がいかない場合でも、「こんなチームもある」と思うしかない。
 少なくとも、大船渡の國保陽平監督は初志貫徹したと言っていい。5月の時点で國保監督に「夏は佐々木投手の起用をどのように考えていますか?」と尋ねると、真顔の國保監督からこんな答えが返ってきた。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)