神野大地が3つの取り組みで成果。MGC本番へ自信を確信に変えた

神野大地が3つの取り組みで成果。MGC本番へ自信を確信に変えた

神野大地が3つの取り組みで成果。MGC本番へ自信を確信に変えたの画像

神野プロジェクト Road to 2020(34)
前回の記事はこちら>>

 北海道・士別合宿の仕上げであり、MGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)本番(9月15日)前の最後の公式レースとなった士別ハーフ。神野大地はそのレースで、2つのテーマを掲げていた。

「ここまでやってきた新たな取り組みが、どう結果に結びついてくるのかを確認すること。もうひとつは、MGC前の最後のレースなので勝ちにこだわること。MGCに出場する選手も出るので、確実に勝って、勝ち癖をつけておくことが大事かなと思っています」

 そう語る表情に余裕があったのは、新しい取り組みについて、たしかな手応えを感じているからだ。


MGCに向けて順調な仕上がりを見せている神野大地

 士別ハーフを走る12日前、神野は北海道・深川にいた。当初、予定はなかったが「レースのなかで、今まで取り組んできたことの確認をしたい」となり、ホクレン・ディスタンスチャレンジ2019の深川大会への参戦を決めた。

 1万mに出場し、28分32秒30というセカンドベストを出した。

「結果が出たのは、新しい取り組みがいい方向に出ているということ。これまでやってきたことへの自信が深まりました」

 神野がホクレン深川大会の1万m、そして士別ハーフで確認するために取り組んできたことは3つある。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)