昨日の友は今日のライバル。陸上男子短距離の競争から目が離せない!

昨日の友は今日のライバル。陸上男子短距離の競争から目が離せない!

昨日の友は今日のライバル。陸上男子短距離の競争から目が離せない!の画像

■スポアナ アスリートレポート■

 

『webスポルティーバ』をご覧の皆様、はじめまして。TBSアナウンサーの上村彩子(かみむら・さえこ)です。土日のスポーツ番組『S☆1』や、『SUPER SOCCER』、TBSのスポーツ中継などを普段担当しています。
 この連載コラムでは、私が取材した大会でのエピソードや舞台裏の出来事、インタビューでお話をお聞きしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えていきたいと思います。月1、2回更新していければと思うので、これからよろしくお願いします!



 最初のテーマは、9月の世界陸上に向けて、さらに注目度が上がってきている日本男子短距離についてです。先日、福岡で行なわれた日本選手権も現場取材に行ってきましたが、東京五輪に向けて各競技の熱戦が続くなか、とくに100m決勝にはこれまでにないほどたくさんのお客さんが詰めかけました。観客席は超満員。北京五輪・男子4×100mリレーで銀メダルを獲得された平慎士さんも「陸上にこんな日が来るとは……」と驚くほどでした。
 現在の日本男子短距離界は、サニブラウン・ハキーム選手が9秒97、桐生祥秀選手と小池祐貴選手が9秒98と、3人が100mで9秒台を記録。また、山縣亮太選手が10秒00、多田修平選手が10秒07、飯塚翔太選手とケンブリッジ飛鳥選手が10秒08と、世界トップレベルの記録を持つ選手が増え続け、競争がさらに熾烈になっています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)