鳥栖、土壇場の同点弾で最下位脱出。足りないのは「運と流れ」だけだ

鳥栖、土壇場の同点弾で最下位脱出。足りないのは「運と流れ」だけだ

鳥栖、土壇場の同点弾で最下位脱出。足りないのは「運と流れ」だけだの画像

J1リーグ第21節、最下位のサガン鳥栖がホームに大分トリニータを迎えた”九州ダービー。引き分け以上で最下位脱出となる鳥栖だが、残留争いから抜け出すには勝ち点3がほしい試合。一方の大分も上位に食い込むためには勝利がほしいところだ。

 試合は、開始早々から鳥栖がハイプレッシャーをかけ、大分のポゼッションサッカーに対応する。しかも状況に応じて、前からプレッシャーをかける場合と、しっかりと後ろでブロックを作るときを使い分け、大分にサッカーをやらせない。ただ、それでも大分は慌てることなく冷静にボールを回した。

 一進一退のまま、お互いに決定機を作り出すものの決め切れず、前半はそのまま0−0で折り返した。

 後半に入り、均衡を破ったのは鳥栖だった。後半2分、福田晃斗のハイプレスから、ルーズボールを拾った安庸佑が、右ライン際からドリブルでゴールに向かい、左足でファーサイドに流し込んで先制する。

 大分は後半15分、ティティパンに代えて藤本憲明を投入。すると後半18分、左サイドを突破した田中達也のクロスを、三竿雄斗がニアで押し込んだ。鳥栖はオフサイドポジションにいた藤本がプレーに関与したと主張したが、判定は覆らず同点に。

 その後、鳥栖は金森健志、イサック・クエンカを続けて投入し勝負に出るが、2点目を決めたのは大分だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)