稲本潤一が衝撃を受けた、天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿

稲本潤一が衝撃を受けた、天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿

稲本潤一が衝撃を受けた、天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿の画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第14回:稲本潤一(2)

 1999年ワールドユース(現U−20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦することになった。

 U−20日本代表はチームに勢いがあり、選手もここまでの試合を勝ち抜いてきたことで、自信を持っていた。唯一の不安要素は、キャプテンの小野伸二が準決勝のウルグアイ戦でイエローカードをもらい、累積警告によって出場停止になったことだった。

「伸二がいないのは、めっちゃデカかった」

 稲本潤一は、厳しい表情でそう言った。

 このチームは”小野のチーム”と言っても過言ではなかった。

 小野は前年、18歳で日本代表に選出され、1998年フランスW杯にも出場した。技術の高さはピカイチで、人間性も優れ、リーダーシップもあった。U−20日本代表は血気盛んな個性的な選手ばかりだったが、小野がいたからこそ、ひとつにまとまっていた。

 稲本も、中学校時代から世代別代表で小野と一緒にプレーし、その存在の大きさを理解していた。

「(小野は)もう中学校の時から違っていた。ヤット(遠藤保仁)とか(中村)憲剛や(中村)俊輔さんらもすごいけど、彼らは努力してすごい選手になった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)