フローニンゲン板倉滉の「なにくそ」精神。デビュー戦を無失点で飾る

フローニンゲン板倉滉の「なにくそ」精神。デビュー戦を無失点で飾る

フローニンゲン板倉滉の「なにくそ」精神。デビュー戦を無失点で飾るの画像

昨季、フローニンゲンが本拠地ユーロボルフで試合を終えた後、板倉滉は更衣室からピッチに戻ってきた控えの仲間たちとスプリントを繰り返していた。その姿が忘れられない。

 今年1月、川崎フロンターレからマンチェスター・シティに移籍し、フローニンゲンへと貸し出された板倉は、ほとんど毎試合ベンチに入ったものの、公式戦出場は叶わなかった。


センターバックとして先発し、勝利に貢献した板倉滉

 ピッチの上での経験は嘘をつかない。半年間にわたるフローニンゲンでの実戦経験の乏しさは、日本代表の先発に抜擢されたウルグアイ戦で、立ち上がりの不安定なプレーに表われていた。しかし、その後の立ち直りの早さと、エクアドル戦での高いパフォーマンスは、板倉がオランダでしっかり自分と向き合い、クサることなく努力し続けてきたことの表われでもあった。

 この夏、フローニンゲンは6月28日のセリンゲン戦を皮切りにプレシーズンマッチを9試合行ない、そのすべてに板倉は出場した。板倉とマイク・テ・ウィーリクのセンターバックコンビはほとんどの試合に先発し、途中出場するときも一緒にピッチに入ることが多かった。

 目的は明らかだ。それは、ふたりのコンビの「熟成」にある。8月3日に行なわれる今季開幕戦のエメンとのアウェーゲームに、板倉の先発出場が決まっていたからだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)