「イケるやん」稲本潤一はロシアW杯を見て1999年の快挙を思い出した

「イケるやん」稲本潤一はロシアW杯を見て1999年の快挙を思い出した

「イケるやん」稲本潤一はロシアW杯を見て1999年の快挙を思い出したの画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第14回:稲本潤一(3)

 1999年ワールドユース(現U−20W杯)のあと、稲本潤一は日本代表の中心選手となり、日本サッカー界の表舞台を駆け抜けていった。2000年シドニー五輪、2002年日韓共催W杯、2006年ドイツW杯、2010年南アフリカW杯……。

 そんな稲本が、昨年開催されたロシアW杯における日本代表の戦いを見て、20年前のナイジェリアでのことをふと思い出したという。


ロシアW杯における日本の快進撃を見て、20年前の快挙を思い出したという稲本潤一

「実際に行っていないのでわからないけど、(チームの)ムードは1999年の時(のチーム)と『似ているんちゃうかな』って思いました。プレーしている選手も、ベンチの選手も表情が明るかったし、試合ではみんな、気持ちが出ていたんでね。

 それに、監督の西野(朗)さんがすごいなって思った。(グループリーグ最後の)ポーランド戦で主力選手を休ませて、試合の終盤はボールを回す”賭け”に出た。そんな一か八かの勝負に出て勝ったからね。

(20年前の)ナイジェリアの時のチームは『まだイケるやん』という可能性を感じることができたけど、(ロシアW杯の)西野さんのチームも(決勝トーナメント1回戦の)ベルギー戦の戦いを見て『まだイケる』と思ったし、すごい可能性を感じさせるチームやったと思う」

 日本代表はまだ、W杯ベスト16の壁を超えていない。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)