渋野日向子「帰りたいと何回言ったか」。つらくても笑顔で攻めた4日間

渋野日向子「帰りたいと何回言ったか」。つらくても笑顔で攻めた4日間

渋野日向子「帰りたいと何回言ったか」。つらくても笑顔で攻めた4日間の画像

「やっちゃいましたね、本当に。なんで勝っちゃったんですかね。本当にいらんことしてしまった、ハハハッ(笑)」

 日本女子ツアーを席巻する「黄金世代」のひとり、渋野日向子(20歳)がとてつもない快挙を成し遂げた。今季女子海外メジャーの最終戦、AIG全英女子オープン(8月1日〜4日/イングランド)において、世界を驚かす圧巻のゴルフを披露。3日目を終えて単独トップに立つと、最終日も世界トップクラスの面々との競り合いを制して、頂点に立ったのだ。

 渋野にとっては、初の海外試合であり、初の海外メジャー挑戦だった。しかし、その大舞台にあっても、彼女に気負いはなかった。期せずして優勝争いを演じることになっても、楽しんでプレー。最後まで持ち味である”攻めのゴルフ”を貫いて、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来、日本勢としては42年ぶり、2人目のメジャー制覇を果たした。


全英女子オープンを制した渋野日向子。photo by Getty Images

 とにかく大会を通して、渋野から重苦しい緊張感が伝わってくることはなかった。大会前も、渋野らしい(?)スタンスで、メジャー初挑戦の抱負をあっけらかんと語っていた。

「イギリスですか? 楽しいと思います、ハハハッ(笑)。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)