ホンダ勢トップドライバーは残留。来季インディの勢力図はどうなる?

ホンダ勢トップドライバーは残留。来季インディの勢力図はどうなる?

ホンダ勢トップドライバーは残留。来季インディの勢力図はどうなる?の画像

インディカー・シリーズ第13戦が行なわれたミッドオハイオで、ふたつの大きな発表があった。

 ひとつ目は、今やインディカー・シリーズのトップドライバーのひとりであるアレクサンダー・ロッシ(28歳)が、アンドレッティ・オートスポートと2020年からの複数年契約を結んだというもの。もうひとつは、そのアンドレッティ・オートスポートがホンダとの契約を継続し、2020年以降もホンダユーザーとして戦うというものだ。


アンドレッティ・オートスポーツ残留を発表したアレクサンダー・ロッシ

 ロッシにはチーム・ペンスキー入りの噂があった。インディ500で17勝(去年と今年の2連勝含む)、インディカー・シリーズのタイトル獲得15回、インディカーで通算200勝以上を誇る史上最強チームのペンスキーは、獲得の意思がなければ交渉は行なわない。デビュー年にインディ500で優勝し、この3年半ですでに7勝を挙げているロッシは、昨年に続いてシリーズチャンピオン争いをしている。チームを率いて50年の”キャプテン”ロジャー・ペンスキーのお眼鏡に適う実力を備えるに至ったということだ。

 ロッシがペンスキー入りすれば、それはイコール、ロッシがホンダドライバーからシボレードライバーに変わることを意味する。2012年にシボレーがインディカーへ復帰を果たした時の影の功労者がロジャー・ペンスキーだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)