5季連続甲子園出場の3人が中心。 智弁和歌山が挑む「負けられない夏」

キャプテンとしてそこは言い続けてやってきました」(黒川)

「日本一になるためには、大阪桐蔭のあのレベルまでいかないといけない。登録メンバーに入っていない選手も『日本一になる』と徹底して練習に取り組んでいるという話を聞いて、自分たちもそこを求めて1年間やってきました」(東妻)
 黒川は「5季連続甲子園出場」と「日本一」という明確な目標をもって、智弁和歌山に入学してきた。父・洋行氏が1993年のセンバツで上宮(大阪)の主将として日本一を経験。その影響もあって少年時代から「やるからには日本一」と、常にそこを目指して野球に打ち込んできた。

 まさにその考えは、高嶋がつくり上げた智弁和歌山の教えに通じるもので、黒川がここで主将としてチームを引っ張っていることに必然性を感じてしまう。黒川の強い思いは、時にチームに緊張感を走らせたが、そんな時に支えとなったのが東妻と西川のふたりだった。黒川がふたりへの思いを口にする。

「ふたりがいてくれたのは、本当に自分にとって大きかった。心から信頼できるふたりなんです。試合のなかで考える場面があったとしても、グラウンドに東妻と西川がいると安心できますし、すぐに声をかけて考えを聞いたりもします。これだけの信頼関係を築ける仲間というのは、これから先もないだろうと思うぐらいで、自分はキャプテンですけど、東妻と西川には頼るところは頼ってやってきました。

関連記事(外部サイト)