井端弘和から見た「勝負の鬼」の原采配。「早めに手を打っている」

井端弘和から見た「勝負の鬼」の原采配。「早めに手を打っている」

井端弘和から見た「勝負の鬼」の原采配。「早めに手を打っている」の画像

井端弘和「イバらの道の野球論」(7)

 5年ぶりのリーグ優勝を目指す巨人にとって、前半戦はこれ以上ない結果だった。交流戦も勝ち越して17もの貯金を作り首位を独走。早期にマジック点灯もあると思われていたが……。オールスター明けに急失速し、反対に調子を上げてきたDeNA、広島と首位を争う形になった。

 巨人で通算13シーズン目の指揮を執る原辰徳監督は、積極的に起用する選手を入れ替えるなど状況の打開を図っている。主力選手にケガ人も出る苦しい状況の中、これまでリーグ優勝7回、日本一3回を達成した指揮官の手腕に期待を寄せるファンも多いだろう。

 2013年に中日から巨人に移籍し、2014年のリーグ優勝に貢献するなど原監督の下で2シーズンをプレーした井端弘和は、現在の巨人、原采配をどう見ているのか。


5年ぶりのV奪還を目指す巨人の原監督

──井端さんは現役時代、巨人に移籍してからの2年間(2014年、2015年)を原監督の下でプレーされましたが、どのような指揮官でしたか?

「普段は話しかけてくれることも多かったですし、すごく優しい方なんですけど、試合が始まった瞬間から人が変わります。”勝負の鬼”になるとでも言うんですかね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)