井端弘和から見た「勝負の鬼」の原采配。「早めに手を打っている」



 これは私の予想ですが、バントで1アウト2、3塁にした後に満塁策を取られることが頭にあったんじゃないでしょうか。クリーンナップの打者はそういう場面に慣れていますが、重信は6番の陽岱鋼の代打でしたから、その後に控える下位打線にはよりプレッシャーがかかる。それならば、足が速くダブルプレーのリスクが低い重信には、打たせるほうがサヨナラの確率が高いと判断したんじゃないかと。そのほかの要素や監督としての経験を総合的に考え、1球1球で作戦を変えられる発想力と決断力が、原監督の強みだと思います」
──原監督は、打順を積極的に入れ替える印象がありますが、それについてどう思いますか?

「手遅れになる前に策を講じているんだと思います。亀井(善行)の打順を上げたり下げたりしながら、空いたところに若手の選手や外国人選手を入れてみるなど試行錯誤していますよね。今は負けが多くなっていますが、ここからまた盛り返すための最適な形を探る考えもあるでしょうね」

──2番に坂本勇人選手のような強打者を置くことについては?

「2番に攻撃型の打者を入れられるのは、チームに絶対的な4番打者がいてこそ。筒香(嘉智)や宮崎(敏郎)などが2番を打つことがあるDeNAには(ホセ・)ロペスが、大田(泰示)が2番を打つ日本ハムには中田(翔)がいるからこそ成立する戦術です。

関連記事(外部サイト)