八村塁の開幕スタメンはありか。現地記者「放り込むべきではない」

八村塁の開幕スタメンはありか。現地記者「放り込むべきではない」

八村塁の開幕スタメンはありか。現地記者「放り込むべきではない」の画像

サマーリーグが終わり、FA選手の争奪戦もほぼひと段落して静かな時期を迎えているNBA。10月の開幕に向け、八村塁が所属するワシントン・ウィザーズのチーム構成も、おおよそ見えてきた感がある。

サマーリーグで大きくアピールした八村

 昨シーズン、32勝50敗でイースタン・カンファレンス15チーム中11位に終わるなど、近年のNBAにおいて存在感が乏しくなっているウィザーズは、今オフに大改革を行なった。とはいっても、大物スター選手を獲得したわけではなく、変わったのはフロント陣のほうだ。

 16年にわたってウィザーズを支え、今年4月から暫定でGMを務めていたトミー・シェパードが、正式に新GMに就任。ほかにも、地元ワシントンの名門であるジョージタウン大学の元HCや、NFLのクリーブランド・ブラウンズの元GMなど、実績がある人物たちをチームに引き入れた。ウィザーズの筆頭オーナーであるテッド・レオンシスは、まずはチームの基盤となる”ブレーン”を充実させたということだろう。

 転換期を迎えているウィザーズは、適切な方向に舵を切ったように思える。長年エースを務めてきたジョン・ウォールが今年1月にアキレス腱を断裂してチームを離脱しており、今シーズンは全休することが濃厚。トレードが噂される2番手エースのブラッドリー・ビールがチームに残ったとしても、ウィザーズが上位に進出することはありえない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)