鹿島戦の勝利に多大な影響。湘南の「左」杉岡大暉は代表定着となるか

4−2−3−1の左SBで3試合にスタメン出場したが、不慣れな感は隠せなかった。正直言って、そのプレーはいまひとつだった。周囲と円滑に絡めずにいた。
 もっとも杉岡をはじめ、その時に選んだ23人は3−4−2−1用のメンバーに見えた。そのつもりで現地に行ったものの、急遽4−2−3−1に変更したという感じだ。4バック(4−2−3−1)で戦おうとすれば、ふだんSBとしてプレーしている選手を多めに選ぶはずだが、この時はそうではなかった。

 不慣れなプレーをしたにもかかわらず、3試合でスタメン起用された杉岡に、森保監督の悩める姿を見た気がする。

 トリニダード・トバゴ戦、エルサルバドル戦は逆に、ふだんWBでプレーする選手を選ばず、4−2−3−1用のメンバーを選びながら3−4−2−1で戦ったという印象だ。

 日本代表における杉岡のプライオリティも、森保監督の選択次第で少なからず変動するだろう。4−2−3−1なのか、3−4−2−1なのか。

 SBとWB。両者には思いのほか大きな差がある。4−2−3−1の左SBでは、鹿島戦で2ゴールに絡んだシーンは訪れにくい。たとえばアーリークロス。これはWBの専売特許とも言うべきプレーになる。SBが周囲と絡む機会が多いのに対し、WBは単独プレーが多い。アーリークロスを送るタイミングは、こちらの方が断然、訪れやすい。

 杉岡は、湘南系のスタイルでこのままWBのスペシャリストとしての道を究めるのか。あるいはSB的な要素を兼ね備えた選手に移行していくのか。その将来には、とくと目を凝らしたい。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)