古賀稔彦は絶体絶命から勝ち取った!バルセロナ五輪金メダルの凄み

古賀稔彦は絶体絶命から勝ち取った!バルセロナ五輪金メダルの凄み

古賀稔彦は絶体絶命から勝ち取った!バルセロナ五輪金メダルの凄みの画像

PLAYBACK! オリンピック名勝負———蘇る記憶 第3回

東京オリンピックまで、あと1年。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あのときの名シーン、名勝負を振り返ります。

◆ ◆ ◆

 1992年バルセロナ五輪7日目。7月31日に行なわれた柔道男子71kg級の試合で、観客席から見る古賀稔彦の姿には、これまでの彼になかったような緊張した様子が感じられた。


優勝を決めた瞬間の古賀の表情は、多くの人の記憶に残っている

 初戦の2回戦は、開始20秒に巴投げで一本勝ちした。だが、次の試合では前半に巴投げや返し技で攻め、得意の投げ技を繰り出し始めたのは中盤から。いつもの古賀らしさが少し影を潜めていた。その原因は、彼が左ヒザの靭帯を負傷していたことにあった。

 常に一本を取りに行く柔道と、切れ味鋭い投げ技で高校時代から活躍していた古賀は、86年には世界ジュニアで優勝。一本背負いが得意技だったこともあって、”平成の三四郎”と呼ばれ、期待を集めていた。初出場だった88年ソウル五輪では3回戦で敗退する予想外の結果だったが、翌年の世界選手権で優勝すると、91年世界選手権バルセロナ大会でも危なげなく連覇を決めた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)