世界中のファンが渋野日向子に熱視線。笑顔とプレーの速さにホレた

無論、その映像も世界中に流されていた。

「えっ? ダメですか? だって(子どもは)無視できないじゃないですか」

 ラウンド後、そのシーンについて問われた渋野は、そう言って屈託なく笑った。爽やかな笑顔そのままの、渋野のそんな思いやりにも、世界のファンは魅了されたことだろう。

 その渋野の笑みは「シンデレラ・スマイル」と呼ばれ、「笑顔はユニバーサルランゲージ(世界共通語)」であることを、再認識させてくれた。

 そしてもうひとつ、渋野の決断力の速いプレーも、世界中のファンを惹きつけた。セカンド地点では、渋野があまりにも早くショットを打つので、テレビカメラマンから「渋野のショットを取り逃した」と嘆く声が聞かれた。それほど、渋野のプレーはスピーディーだった。

 スロープレーは、ゴルフ人口減少の大きな要因のひとつ。ゆえに、渋野のプレーは「今のゴルフ界に最も必要なこと」と称賛された。

 さて、世界の舞台において衝撃的なデビューを飾った渋野には、世界中から今後の動向についての関心が集まっている。
 渋野は今回の勝利で、アメリカLPGAツアーのメンバーになる資格を得た。今季の残り試合から、すぐさまフル参戦、あるいは来季からルーキーとして参戦することも可能だ。しかし、渋野本人は「まだまだ日本で腕を磨きたい」と、主戦場を移すことを考えていない。

関連記事(外部サイト)