香川真司が移籍したサラゴサの実状。指揮する名将は胸の高まりを吐露

香川真司が移籍したサラゴサの実状。指揮する名将は胸の高まりを吐露

香川真司が移籍したサラゴサの実状。指揮する名将は胸の高まりを吐露の画像

8月6日の監督会見だった。

「衝撃的で夢のようなことがこれから起きると、私は確信している」

 スペイン2部、レアル・サラゴサのビクトル・フェルナンデス監督は、記者に向かってそう示唆していた。遠回しな言い方で、具体的な内容については一切述べていない。しかし、主力のスペイン人攻撃的MF、ペップ・ビエルをデンマークのコペンハーゲンに500万ユーロ(約6億円)で売却したことで、代わりとなる目玉選手と交渉しているのは明らかだった。

 そして8月9日、サラゴサは日本代表MF香川真司と契約したことを発表した。


スペイン2部のサラゴサに移籍し、初練習に参加した香川真司→

「サラゴサの衝撃は、香川だった!」

 同日、スペイン大手スポーツ紙『マルカ』は高揚感を匂わせた記事を掲載している。サラゴサの生え抜き選手で、マンチェスター・ユナイテッドで同僚だったアンデル・エレーラ(パリ・サンジェルマン)、ボルシア・ドルトムントでチームメイトだったマルク・バルトラ(ベティス)など、スペイン代表選手が次々にSNSで祝福のメッセージを送った。2部で7年目と苦しい時代を過ごすサラゴサにとって、救世主降臨のような賑いだ。

「我々サラゴサがなすべきは、なにより1部昇格。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)