香川真司が移籍したサラゴサの実状。指揮する名将は胸の高まりを吐露

その点、今の私はとてもワクワクしているし、気持ちは落ち着いている」

 冒頭の会見で、X・フェルナンデス監督は心境を吐露していた。思わず、香川という名前を出しそうだった。それほどの胸の高鳴りだったのだろう。

 では、香川獲得で1部昇格に挑むサラゴサはどんなチームなのか?
 
 1990年代にサラゴサは黄金期を迎えている。

 1992−93シーズンにスペイン国王杯で準優勝を飾ると、1993−94シーズンは同杯で優勝するとともに、1部リーグでも3位と大きく躍進した。当時、ヨハン・クライフが率いて世界最強を誇ったバルサを、6−3で打ち負かした試合は語り草となっている。1994−95シーズンには、カップ戦優勝クラブとして出場したカップウィナーズカップ(現行のヨーロッパリーグ)で快進撃を見せ、アルゼンチン人FWフアン・エスナイデルの大暴れで頂点に立っている。
 そして、当時のチームを率いていたのが、現在も指揮を執るX・フェルナンデス監督だった。

 2006年、X・フェルナンデスは2度目のサラゴサ監督を経験している。パブロ・アイマール、アンドレス・ダレッサンドロ、ディエゴ・ミリート、ガブリエル・ミリートのアルゼンチン人選手の攻撃的キャラクターを存分に引き出し、リーグ戦6位でUEFAカップ(現行のヨーロッパリーグ)出場権を獲得。

関連記事(外部サイト)