首位堅持。いまのFC東京には 「運を引き寄せる」だけの実力がある

長谷川健太監督が率いるFC東京は、引いて守る戦い方を選んだ。

<GKにバックパスされても、無理して(プレスに)いかなくていい>

 それぞれのラインでブロックを作り、守備のフィルターを作り、攻撃をしたたかに飲み込む。サイドバックは堅く門を閉じ、たとえクロスを上げられても、センターバックが力強くはじき返し、可能性の乏しいミドルシュートを打たせる。鉄壁を誇った。

「(首位のFC東京を相手に)隙を与えず、隙をつくか、の90分だと選手には伝えていた。しかし、あそこまで極端に下がるとは思っていなかった。想像を超えていた。ボールを持てるなら、渡すわけにもいかず、リスク管理しながら(チャンスを狙った)……」(仙台・渡邉晋監督)

 仙台がボールを握るものの、攻めに人数をかけると、カウンターで脅かされる。リスクを取れないことで、堅守を前に立ち往生。前半は、じりじりとした時間が過ぎた。
 一方のFC東京は、時折見せる攻撃に首位の証を示している。右サイドの攻撃は活発で、室屋成が高萩洋次郎に預け、右サイドの裏を走ると、深みを作ってリターンを受ける。ヴィッセル神戸から移籍した三田啓貴がボックスに入り、マイナスのパスを受け、右足でシュート。角度がなく、利き足ではなかったことで枠をとらえなかったが、仙台の守備を崩し切っていた。

関連記事(外部サイト)