「牛鬼打線」宇和島東の復活へ。名将の教えを継ぐ新監督が再出発を誓う

「牛鬼打線」宇和島東の復活へ。名将の教えを継ぐ新監督が再出発を誓う

「牛鬼打線」宇和島東の復活へ。名将の教えを継ぐ新監督が再出発を誓うの画像

かつて強力打線を擁し、その破壊力から”牛鬼(うしおに)打線”と恐れられた宇和島東(愛媛)。名将の上甲正典(じょうこう・まさのり)監督に率いられ、1988年の春には日本一にもなった強豪が9年ぶりに甲子園に戻ってきた。


4月から、母校・宇和島東で指揮を執る長滝剛監督(写真中央)

 2年生ながら宇和島東の五番を担った赤松拓海は、自分のお腹をさすりながら言う。

「甲子園に来てから、4キロも太っちゃったんですよ。毎日、ご飯がおいしくて」

 赤松は思い切りのいいスイングが持ち味。8月12日に行なわれた宇部鴻城(山口)との2回戦では、4回裏にライト前のタイムリーヒット、3打席目、4打席目に強烈な当たりのレフト前ヒットを放った。身長174cmで、体重は90kg。明るさと豪快さを兼ね備えた宇和島東らしい選手のひとりだ。

 愛媛大会決勝で、春夏連続出場を目指した松山聖陵を下した宇和島東は、ノーシードから勝ち上がった粘りが身上。だが、追いかける展開になった宇部鴻城との試合は、13安打を放ちながら3−7で敗れ、初戦で涙を飲んだ。

 そもそも、今年の愛媛大会に臨む前の宇和島東に対する期待は大きくなかった。ここ数年、「今年こそ!」と言われながら苦杯を嘗めることが多かったからだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)