アトランタ五輪柔道代表、中村三兄弟がずらりと並んでメダル獲得

アトランタ五輪柔道代表、中村三兄弟がずらりと並んでメダル獲得

アトランタ五輪柔道代表、中村三兄弟がずらりと並んでメダル獲得の画像

PLAYBACK! オリンピック名勝負———蘇る記憶 第4回

東京オリンピックまで、あと1年。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あのときの名シーン、名勝負を振り返ります。

◆ ◆ ◆

 1996年アトランタ五輪の柔道は、前回バルセロナ大会で獲得した金2個を含む5個以上のメダルを期待されていた。その男子代表選手7名の中に、3人の”中村”がいた。


1996年アトランタ五輪男子柔道71s級で、金メダルを獲得した中村兼三

 95kg級の佳央(25歳)と65kg級の行成(23歳)、71kg級の兼三(22歳)の三兄弟である。その中でも、強気な試合運びで93年世界選手権と94年アジア大会を制し、95年世界選手権でも2位に入っていた行成は、「3人いるから、誰かつまずきそうだな、と思っていた」と笑顔で話した。「(五輪に行けるのは)よくて2人、悪ければ1人、と考えていました。親は『3人揃わなければアトランタには行かない』と言っていたけど、『そんなに簡単に言われても……。1人行くだけでも大変なんだから』と思っていました」

 92年バルセロナ五輪の最終選考会では、行成と佳央はともに準優勝で終え、惜しいところで代表入りを逃していた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)