異次元の強さだったキングカメハメハ。安藤勝己「誰が乗っても勝てた」

異次元の強さだったキングカメハメハ。安藤勝己「誰が乗っても勝てた」

異次元の強さだったキングカメハメハ。安藤勝己「誰が乗っても勝てた」の画像

「あの馬は、強かったね。負かしてやろうと挑んだけど、跳ね返されてしまった」

 何年か前、2004年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を振り返って、蛯名正義騎手はそう漏らした。

 蛯名騎手は、このダービーで最大の”ダークホース”と見られていたハイアーゲームに騎乗していた。そして、その蛯名騎手に「強かった」と唸らせたのが、このときのダービーを圧勝したキングカメハメハだ――。


2004年の日本ダービーを制したキングカメハメハ

 かねてからの免疫機能の低下により、種牡馬を引退していたキングカメハメハが8月9日、体調の急変によって死亡した。18歳だった。

 GI NHKマイルC(東京・芝1600m)とダービーの、いわゆる”変則二冠”を初めて達成した馬だ。マイラーのスピードと、中長距離戦に勝つためのタフさを併せ持った稀有な馬だった。

 3歳秋に屈腱炎により引退したため、GI勝ちはこの2つのみ。他の「名馬」と言われる馬に比べると、その数字は寂しく映るかもしれないが、戦績自体は8戦7勝と輝かしい。それに何より、記録より記憶に残る馬だった。キングカメハメハが残した印象は、並みの名馬などには及ばないほど鮮烈だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)