井端弘和が語る究極の難題。「なぜ大型連敗・連勝が多発するのか」

井端弘和が語る究極の難題。「なぜ大型連敗・連勝が多発するのか」

井端弘和が語る究極の難題。「なぜ大型連敗・連勝が多発するのか」の画像

井端弘和「イバらの道の野球論」(8)
 プロ野球は大型連敗、連勝による順位変動がつきものではあるが、今シーズンはその傾向が顕著になっている。

 セ・リーグでは、春先に好調だったヤクルトが16連敗で最下位に転落し、同時期に首位に立った広島も11連敗を喫して、前半戦を4位で終えた。代わって首位を独走しつつあった巨人は6連敗などがあって失速し、反対に7連勝したDeNA、9連勝した広島と首位を争っている。

 一方のパ・リーグも、交流戦前から調子を上げて首位に立った楽天が、6月下旬の9連敗で一時は4位に。それを尻目に9連勝したソフトバンクが独走態勢に入るかと思われたが、6連敗などで2位以下のチームに追従される形となった。

 選手、コーチとして連勝と連敗を経験してきた井端弘和に、その原因や対策などを聞いた。


7月15日のDeNA戦で11連敗を止め、そこから再浮上した広島

──今シーズンのプロ野球では大型連敗、連勝が多くなっています。特に、連敗で順位を下げるチームが多い印象がありますが、原因はどこにあると思いますか?

「究極の難題ですね(笑)。連敗をする時は、投手陣や打者の調子が噛み合っていない場合が多いんですが、そういう状態になるチームがたまたま多いとしか……。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)