昭和プロ野球のレジェンド・八重樫幸雄が振り返る「名将の魔術」

昭和プロ野球のレジェンド・八重樫幸雄が振り返る「名将の魔術」

昭和プロ野球のレジェンド・八重樫幸雄が振り返る「名将の魔術」の画像

連載第2回

【軍隊式の「別所野球」から、三原脩流「大人の野球」へ】

――前回の連載第1回目「八重樫伝説」は大好評でした。今回からは、ヤクルトひと筋47年の八重樫さんが間近で見てきた「歴代名将」たちについて、集中的に伺っていこうと思います。

八重樫 僕がプロ入りした1970(昭和45)年は別所毅彦さんが監督で、このシーズン途中からは小川善治さん。そしてプロ2年目の1971年からは三原脩さん、続いて荒川博さん、廣岡達朗さん……と続いていくんだけど。みなさん、それぞれ個性的な監督だったよ。

――「魔術師」とか、「三原マジック」と称された三原脩さんと八重樫さんは、1971年から1973年まで3年間一緒に過ごされていますね。三原さんはどんな方だったのですか?

八重樫 プロに入った時の別所さんが、とても厳しい監督だったんだよね。キャンプの時には軍歌を流しながらの練習で、まさに軍隊式の統率を目指していたんだと思うけど、三原さんは正反対の性格で、「好々爺」という表現がピッタリの方だったという印象が強いかな。あまり口やかましいことは言わずに、選手たちを大人扱いしていた監督だよね。


ヤクルトなど、5球団で指揮を執った三原脩

――八重樫さんはまだプロ2年目、20歳を迎える時期でしたが、「怖さ」「厳しさ」はあまり感じなかったんですか?

八重樫 プロ2年目の僕に対しても、決して呼び捨てせずに「八重樫くん」と呼んでいたのが印象に残っているけど、「怖さ」や「厳しさ」はもちろん感じましたよ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)