柴崎デポル、岡崎マラガ、香川サラゴサの1部昇格の可能性は?

柴崎デポル、岡崎マラガ、香川サラゴサの1部昇格の可能性は?

柴崎デポル、岡崎マラガ、香川サラゴサの1部昇格の可能性は?の画像

「リーグ開幕まで1週間なのに、登録選手が17人しかいない。このような状況で、どうやって戦えというのだ!」

 スペイン2部、ラス・パルマスを率いるペペ・メル監督は、そう言って嘆いている。

 同リーグのクラブ経営は、相当に厳しい。昨シーズンは、レウスが選手への給料未払いなど財政状況を理由に、シーズン中にもかかわらず活動停止処分を受けた。レウスはそのまま2部B(実質3部)に自動降格していたが、経営が改善されていないため、今年7月には2部Bからも追放されることになった。

「どのクラブも、経済的には余裕がない」と囁かれる2部のクラブにとって、1部に昇格することこそ、クラブが繁栄する手立てとなる。

 では、柴崎岳、岡崎慎司、香川真司という日本代表選手3人が新天地に選んだクラブは、昇格をつかみ取れるのか?


1部昇格の有力候補であるデポルティーボ・ラ・コルーニャで戦う柴崎岳

 柴崎が加入したデポルティーボ・ラ・コルーニャは、昇格の有力候補と言えるだろう。昨シーズンは6位で昇格プレーオフに進出し、その決勝で惜しくもマジョルカに敗れた。第1戦で2−0の勝利を収めながら、第2戦で0−3と逆転負けした。

 主将のスペイン人MFアレックス・ベルガンティーニョスなど有力選手が残留。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)