C大坂が質実剛健でじわり浮上。ロティーナの懐の深さが選手を鍛える

C大坂が質実剛健でじわり浮上。ロティーナの懐の深さが選手を鍛える

C大坂が質実剛健でじわり浮上。ロティーナの懐の深さが選手を鍛えるの画像

「我々は700本もパスを回し、70%のボール支配率を誇り、20回以上のチャンスを作った。選手に(コンディションを含む)問題などあるはずはない! すばらしいプレーを見せてくれたと思う」

 試合後の記者会見で、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督はそう言って、やるせない気持ちを吐露した。勝利に値する戦いだった。その自負があったのだろう。

 事実、横浜FMは優勢だった。ほとんど攻め続け、18本ものシュートを浴びせている。しかし、得点はたった1点に終わり、2度ゴールをこじ開けられた。

「勝ちに値するのは横浜のほうだった」

 セレッソ大阪のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は、正直に本音を洩らしている。何の衒(てら)いもない。その真面目さと堅実さに、ロティーナ・セレッソの実像はあった――。


横浜F・マリノス戦で決勝ゴールを決めた奥埜博亮(セレッソ大阪)

 8月17日、日産スタジアム。気温は夜になっても30度を超えていた。また、ピッチの芝生は禿げ上がり、トップリーグの会場とは思えない状態。プレー条件は厳しいものだった。

 リーグ戦2連敗で8位に順位を落としていたセレッソは、敵地で4位の横浜FMが誇る攻撃サッカーに押し込まれた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)