浦和・橋岡大樹はプジョルを目指す。東京五輪出場へ「泥臭く」

浦和・橋岡大樹はプジョルを目指す。東京五輪出場へ「泥臭く」

浦和・橋岡大樹はプジョルを目指す。東京五輪出場へ「泥臭く」の画像

昨シーズン、高卒1年目にして浦和レッズのレギュラーポジションを確保したDFの橋岡大樹。さらなる飛躍が期待された今シーズンは、4月に負ったふくらはぎのケガの影響もあり、U−20W杯などの主要な国際大会を欠場することになった。それでも、飛び級で各世代別の代表入りを果たしてきた”ミスター飛び級”には、東京五輪でも主力のひとりとして大きな期待がかけられている。
 橋岡の代名詞でもある高い身体能力は、彼の華麗なる血筋に起因する。走り幅跳び日本選手権を制した橋岡優輝は従兄弟で、叔父の橋岡利行さんは棒高跳びの元日本記録保持者。父・和正さんはドラフト候補に名が挙がった野球選手であり、母の深雪さんも陸上の短距離選手だった。
 そんな”アスリート一家”で育った橋岡のプレーは、Jリーグで日に日に存在感を増している。「ケガが僕を強くしてくれました」と打ち明ける期待の新星に、自身のキャリアや東京五輪への思いなどを聞いた。


東京五輪出場を目指す、浦和レッズの橋岡(写真:(C)URAWA REDS)

――昨シーズンはルーキーながらリーグ戦で25試合に出場しましたが、振り返っていかがですか?
「最初はなかなか試合に出られず、『なぜ試合に出場できないのか』ということを考えました。ユースや世代別の代表でもずっとCBでやってきて、このポジションへの愛着はあったんですが、『試合に出なければ成長できない』とも強く思っていた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)