吉田麻也の経験力を監督が評価。「我慢」のはずが先発復帰を掴んだ

吉田麻也の経験力を監督が評価。「我慢」のはずが先発復帰を掴んだ

吉田麻也の経験力を監督が評価。「我慢」のはずが先発復帰を掴んだの画像

サウサンプトンの吉田麻也が、8月17日に行なわれたリバプール戦で先発に復帰した。

 1週間前に行なわれたプレミアリーグ開幕戦のバーンリー戦でベンチスタートを命じられた吉田は、最後まで出番がなかった。その結果は、0−3の完敗。開幕戦で3バックのCB中央を務めたジャック・スティーブンスは今節でベンチ外となり、代わりに吉田が先発に選ばれた。


今シーズン初出場を果たした吉田麻也

 開幕戦後に「プレミアリーグが恋しい」と漏らしていたように、日本代表DFにとっては久しぶりの公式戦出場となった。4月下旬に患った肺炎の影響で昨シーズンのラスト3試合を欠場したため、実戦は4月23日のワトフォード戦以来、実に4カ月ぶり。シーズンオフを挟んだとはいえ、ピッチ上で吉田の勇姿を久しぶりに見ることができた。

 肝心の試合は、欧州王者リバプールのペースで進んだ。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの強力3トップを擁するリバプールは、6割強のポゼッションをキープしながらサウサンプトン陣内へと押し込んだ。

 ただ、試合の3日前にトルコのイスタンブールでUEFAスーパーカップを戦った彼らの動きは、いつもより重かった。延長戦を含めた120分間でも決着がつかず、PK戦の末にチェルシーを下した体力面の影響はやはり大きかったようだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)