元阪神タイガース・西岡剛の今季中のNPB復帰が消滅 現在は独立リーグに在籍

元阪神タイガース・西岡剛の今季中のNPB復帰が消滅 現在は独立リーグに在籍

記事まとめ

  • 元阪神タイガース西岡剛は現在、独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスに在籍している
  • 野球協約の規定などにより、7月31日をもって西岡剛の今季中のNPB復帰は消滅した
  • しかし、西岡剛は引退を考えておらず、ずっと野球をやっていくと述べている

今季中のNPB復帰は消滅も、西岡剛「野球を続けることに変わりはない」

今季中のNPB復帰は消滅も、西岡剛「野球を続けることに変わりはない」

今季中のNPB復帰は消滅も、西岡剛「野球を続けることに変わりはない」の画像

7月31日をもって、『野球協約』第64条に規定される新規選手契約可能期間、および第108条に規定される選手契約の譲渡可能期間が終了した。昨年までにプロ球団を戦力外となり、NPB復帰を目指していた選手や、支配下登録を目標にプレーしていた育成選手の多くは、複雑な思いでこの日を迎えたに違いない。

 かつて、千葉ロッテ、米メジャー・リーグ、阪神でプレーし、日本代表としてWBCや五輪出場経験もある西岡剛は現在、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに在籍している。今季中のNPB復帰がかなわなかった西岡に、今の率直な思いを聞いた。


試合後、対戦相手の選手から写真撮影を頼まれることもある西岡剛(写真右)

── 7月31日を過ぎて、今季のNPB復帰はなくなりました。どのように受け止めていますか。

「なんとも思ってないですね。今年無理やったら、来年またやればいいだけの話なので。”過程”って感じです。ずっと野球をやっていくのは一緒なので」

── 今年ダメなら、もうユニフォームを脱ぐんじゃないかと思っていたファンも多いと思います。

「辞めないですよ」

── 昨年、阪神を戦力外になり、栃木入りを決めた時、「1年勝負してダメだったら……」とは考えませんでしたか?

「まったく。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)