衝撃の日本記録。走り幅跳び・城山正太郎は五輪メダルの可能性十分だ

衝撃の日本記録。走り幅跳び・城山正太郎は五輪メダルの可能性十分だ

衝撃の日本記録。走り幅跳び・城山正太郎は五輪メダルの可能性十分だの画像

8月17日に開催された「アスリート・ナイトゲームズ・イン福井」は、夕方からの競技で好記録が続出した。

走り幅跳びで日本記録を更新した城山正太郎

 約1万人の観客が見守るなか、その口火を切ったのが男子200mだった。出場したのは、白石黄良々(きらら/セレスポ)や、日本選手権の太もも肉離れからの復帰レースとなる飯塚翔太(ミズノ)。追い風0.8mの絶好の条件の中、スタートから飛ばした8レーンの白石が世界陸上参加標準記録20秒40を上回る、20秒27でゴール。続いて飯塚が20秒39、3位の山下潤(筑波大)も20秒40と、標準記録を突破した。
 続く男子走り幅跳びは、衝撃的な展開となった。
 日本選手権連覇の橋岡優輝(日大)が1回目に追い風1.6mの条件で、日本記録を7cm更新する8m32で会場を沸かせ、優勝は確実と思われた。ところが、3回目の跳躍で城山正太郎(ゼンリン)が、今季世界最高に1cm及ばないだけの8m40を跳んで日本記録を更新したのだ。
 走り幅跳びは、アジア選手権やユニバーシアードで優勝した橋岡の実績がこれまで突出していたが、今回、城山も力を発揮したことで、世界選手権や東京五輪へ向けて期待が大きく膨らんでくる。
 城山は北海道函館市出身。小学4年から陸上を始め、走り幅跳びは函館有斗高2年から始めた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)