英GTに挑むベテラン馬、シュヴァルグランに3つの吉兆あり

英GTに挑むベテラン馬、シュヴァルグランに3つの吉兆あり

英GTに挑むベテラン馬、シュヴァルグランに3つの吉兆ありの画像

日本時間8月21日の深夜、”北のアスコット”とも称されるイギリスのヨーク競馬場で、GTインターナショナルステークス(芝2050m)が行なわれる。

 このレースには日本から遠征中のシュヴァルグラン(牡7歳)が、7月に行なわれたGTキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(アスコット/芝2390m)に続いて挑戦するため、日本でも馬券が発売される。日本の秋のGTシーズンまではまだひと月以上あるが、ここでビシッと的中させて、秋競馬に向けて弾みをつけたい。


レースに向けて調整を行なうシュヴァルグラン

 ブックメーカーの前売りオッズでは、7月の”キングジョージ”でエネイブルとの死闘の末にクビ差の2着に敗れたクリスタルオーシャン(イギリス・牡5歳)が断然の人気となっている。距離適性に関しては、6月に行なわれたGTプリンスオブウェールズステークス(アスコット/芝1990m)の勝ちっぷりから問題は感じられず、少し速い馬場についても、好タイム決着だった昨年の”キングジョージ”で3着以下を大きく離して2着になったことから心配はないだろう。大きく敗れるシーンは想像できず、人気をないがしろにはできない。

 これに続くのは、キングオブコメディ(イギリス・牡3歳)、ジャパン(アイルランド・牡3歳)あたりになるだろう。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)