J復帰を望んでいたリージョ元神戸監督。好オファーが届かず中国へ

J復帰を望んでいたリージョ元神戸監督。好オファーが届かず中国へ

J復帰を望んでいたリージョ元神戸監督。好オファーが届かず中国への画像

8月18日、4月までヴィッセル神戸を率いていたフアン・マヌエル・リージョ(53歳)が、中国2部リーグ、青島黄海の監督に就任した。

 リージョは神戸を”辞任”した後、コロンビア、メキシコ、エクアドル、チリなど、ラテンアメリカ諸国のクラブから接触を受けていたが、条件面やタイミングで折り合わず、新天地が決まっていなかった。ひとつには、リージョ自身がJリーグのクラブの監督への復帰を望んでいたからでもある。日本国内にシンパは少なくなく、多くのクラブが接触を図ってきたようだが、交渉はまとまらなかった。

「日本で監督をやりたい気持ちはある。でも、ずっとは待っていられない。プロの監督としてオファーに感謝し、決断をしなければならなかった」

 契約の直前、リージョはそう洩らしていた。ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)が教えを乞うたスペインの名将が続ける挑戦とは――。


中国2部の青島黄海を率いることになったフアン・マヌエル・リージョ監督

 新たな舞台に選んだ青島黄海は、中国2部リーグで現在4位。1位、2位が1部へ自動昇格するため、昇格の可能性を残している。有名選手としては、バルセロナで活躍したコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレと契約を結んだばかりだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)