AZ菅原由勢にとってオランダは理想的な環境。「第2の故郷です」

AZ菅原由勢にとってオランダは理想的な環境。「第2の故郷です」

AZ菅原由勢にとってオランダは理想的な環境。「第2の故郷です」の画像

この夏、オランダの強豪AZアルクマールに移籍した菅原由勢(ゆきなり)の、この1カ月間の出場記録を見てほしい。ひと目で、菅原がすばらしい経験を積んでいることがわかるだろう。
7月25日(木) 対ヘッケン(EL/H) 右ウイング(31分間)
8月4日(日) 対フォルトゥナ・シッタート(1部/H) 右サイドバック(90分間/先発・1ゴール)
8月8日(木) 対マリウポリ(EL/A) 右サイドバック(10分間)
8月11日(日) 対RKCワールワイク(1部/A) 右サイドバック(28分間)
8月12日(月) 対テルスター(2部/H) 右サイドバック(90分間/先発)
8月18日(日) 対フローニンゲン(1部/H) 右ウイング(13分間)
8月19日(月) 対エクセルシオール(2部/H) 右ウイング(60分間/先発)
※EL=ヨーロッパリーグ(予備戦)、1部=オランダ1部リーグ、2部=オランダ2部リーグ

オランダの環境に早くも馴染んでいる菅原由勢

 菅原はAZのトップチームの一員としてオランダ1部リーグとELを並行して戦い、さらにはAZリザーブチームも掛け持ちして2部リーグにも出場している。ELでは北欧スウェーデン(ヘッケン)と東欧ウクライナ(マリウポリ)のチームと当たり、今度は8月22日にお隣ベルギーのアントワープとグループリーグ出場をかけてプレーオフを戦う。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)