ビーチバレー・坂口佳穂、過酷な大会で4位。「成長スピードを上げないと」

ビーチバレー・坂口佳穂、過酷な大会で4位。「成長スピードを上げないと」

ビーチバレー・坂口佳穂、過酷な大会で4位。「成長スピードを上げないと」の画像

第30回全日本ビーチバレー女子選手権大会(ジャパンレディース)が、大阪府泉南郡岬町のせんなん里海公園ビーチバレー競技場で行なわれた。同大会には、都道府県の代表を含めて全54チームが出場し、覇権が争われた。

 参加チームが多く、例年強烈な暑さのもとで行なわれるジャパンレディースは、技術だけでなく、体力、精神力も試され、日本の女王を決めるにふさわしい大会と言われている。今年は30回目の記念大会となり、2015年まで採用されていたダブルエリミネーショントーナメント(※)が復活。酷暑のなか、1日最大4試合をこなさなければいけないチームもあり、いつにも増してタフな大会となった。
※1度負けたらそこで敗退となるシングルトーナメントと違って、2敗した時点で敗退となり、順位が決定されるトーナメント方式

 坂口佳穂(23歳/マイナビ)&村上礼華(22歳/ダイキアクシス)ペアも、推薦8チームのひとつとして出場。初の女王の座を目指して奮闘した。


ジャパンレディースに挑んだ坂口佳穂

 同ペアは今季、ワールドツアーを中心に活動。7月のテグ大会(韓国/1−Star※)で2位、ジャパンレディース前週のファドゥーツ大会(リヒテンシュタイン/1−Star)でも2位に入っている。また、国内のジャパンツアーでも(ともに7月の)沖縄大会、東京大会と連続優勝を飾っていて、夏を迎えて上り調子にあった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)