やっぱりすごいぞ渋野日向子。疲弊の中で好成績も今後に懸念はある

やっぱりすごいぞ渋野日向子。疲弊の中で好成績も今後に懸念はある

やっぱりすごいぞ渋野日向子。疲弊の中で好成績も今後に懸念はあるの画像

海外メジャーの全英女子オープンを制して、一躍、時の人となった渋野日向子(20)。凱旋帰国後も休むことなく、日本ツアーに参戦し、多くのファンを沸かせた。

 帰国初戦は、北海道meijiカップに出場。ただでさえハードなスケジュールのなか、関係各方面への挨拶や取材対応などに追われて体調を崩してしまったが、初日「70」、2日目も「70」で回って通算4アンダー、9位タイで見事に予選ラウンドを突破した。

 最終日はイーブンパーに終わるも、最後に連続バーディーを奪って、13位タイでフィニッシュ。渋野をひと目見ようと駆け付けた大勢のギャラリーの期待に応え、大歓声を浴びた。


「凱旋試合」でも素晴らしいプレーを見せた渋野日向子

 そして圧巻だったのは、帰国2戦目となるNEC軽井沢72トーナメントだ。

「先週は(状態が)20〜30ぐらいでしたが、今週はだいぶ回復しました。50ぐらい。練習も先週よりできました」と言う渋野は、初日から5アンダー、7位タイと好スタートを切った。そして、2日目も「68」と4つスコアを伸ばして、通算9アンダー、2位タイで最終日を迎えることになった。

 凱旋優勝の期待がかかった最終日も、前半からスコアを伸ばして優勝争いを展開。ほとんどの観客が渋野の組を追いかけるなか、それに動じることもまったくなかった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)